2006年08月22日

音楽ちゃんぷる〜

なんか心身共に余裕がなくて、ここしばらく好きな音楽を聞けなかったのですが、何かの拍子で聴き始めたらどっぷりとハマッてしまい、このまま抜け出せなくなりそうな勢いです。

MP3プレーヤーなんてものを持っています。
数世代前の骨董級モノですが、使っていて特に不自由はありません。

プレイリストを並べてみました。
自分としては恥ずかしい曲も入っていますが、敢えてイジらずにそのまま掲載します。
しばらく曲の入れ替えをしていなかったので、内容に新鮮味がありませんね。
時代に左右されないような歌が大半ですが、曲の入れ替えをしても、そういった曲は常にメモリ上に残り続けます。
それらの曲について語り出すと大変な事になるので、「この曲の思い出は?」というリクエストと本人のやる気があれば、ブログ上で発表したいと思います。

私の音楽に対する趣向が少しは読めますかね? きっと読めないだろうなぁ。
プレーヤーにダウンロードした時の気分にかなり左右されており、今回は60〜80年代の米国ロックや国産フォークがあまり入っていませんが、実はか〜な〜り好きです。

ちなみに、後半の外タレは、ジムのスタジオで流れるBTS系の曲です。
BTSに精通している人なら「BA#46の1曲目ね」なんて分かるかもしれませんが、BTSとはなんぞやの人にとってはなんのこっちゃな選曲です。

並べていて気が付いたけれど、カバー曲が多いですねぇ。
〜〜〜
Boston - Amanda
Bob Dylan - Like A Rolling Stone
Eagles - Desperado
Eagles - Hotel California
Eagles - Take It Easy
Enya - Wild Child
George Winston - Variations On The Kanon By Pachelbel
George Winston - Colors/Dance
Jimi Hendrix & BB King - Like A Rolling Stone (Live)
Jimi Hendrix - Johnny B. Goode (Live)
Jimi Hendrix - Live At Woodstock '69
Metallica - One
Metallica - Tuesday's Gone
Metallica - Whiskey In The Jar
Motorhead - Ace Of Spades
Motorhead - God Save The Queen
Motorhead - Overkill
Rancid - Ruby Soho
Run DMC - Rock Show
Sarah Brightan - A Whiter Shade of Pale
Sepultura - Orgasmatron
Suzanne Vega - Luca
The Who - Baba O'Riley
Aiko - カブトムシ
BUMP OF CHICKEN - Sailing Day
Char & 山崎まさよし - Little Wing (Live)
GLAY - ホワイトロード
GOING UNDER GROUND - トワイライト
スピッツ - 正夢
スピッツ - 渚
スピッツ - 空も飛べるはず
スピッツ - 青い車
キンモクセイ - 夢で逢えたら
ケツメイシ - さくら
サザンオールスターズ - 希望の轍
一青窈 - ハナミズキ
石野卓球 - In Yer Memory
夏川りみ - 涙そうそう
大滝詠一 - 君は天然色
小松未歩 - チャンス
尾崎豊 - シェリー
尾崎豊 - ダンスホール (Live)
山下達郎 - Forever Mine
山崎まさよし - ツバメ (Live)
平井堅 - 瞳をとじて
平原綾香 - 明日
押尾コータロー - カノン
松任谷由実 - 春よ来い
浜田省吾 - イメージの詩
浜田省吾 - 家路 (Live)
浜田真理子 - 教訓I
真心ブラザーズ - 流星
矢井田瞳 - Look Back Again
長渕剛 - いつかの少年 (Live)
長渕剛 - 東京青春朝焼物語
鬼束ちひろ - いい日旅立ち・西へ

Britney Spears - Everytime
Christina Aguilera - The Voice Within
Candee Jay - If I Were You
Erasure - Oh L'Amour 2003
Evanescence - My Immortal
Foxter - Lemon Tree
Lutricia Mcneal - Stranded
Special D - There's Nothing I Won't Do
Vanessa Amorosi - Absolutely Everybody
Westlife - When You're Looking Like That
XTM & DJ Chucky Presents Annia - Fly On The Wings Of Love
〜〜〜


p.s.あー、9/23に つま恋 行きて〜
posted by らんちょん at 13:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2006年08月14日

男がエステだとぉ?

新百合ヶ丘のフィットネスクラブで、期間限定のメンズエステにチャレンジしてみました。
鼻の周りの角栓取りを要望していましたが、エステティシャン曰く「お客さんが気になるほど角栓は無かったですよ」って。 良い結果なのかもしれませんが、それなりに高いお金を払ったのにちとがっかりでした。

エステなんて柄ではないのですが、実はしばらく前にバンコクにてデビューをしていました。それも2ヶ所ほど。

そのうちの1ヶ所は、高層ホテルの一画…というか3フロアほどをぶち抜いた中に、南国情緒が漂うゴージャスな装飾のエステでした。
そこへ、Tシャツ,ショートパンツ,ビーサンな格好に無精ヒゲで行ったワケですから、まー場違いも甚だしいって感じでした。

施術は個室で行いましたが、紙パンツをはいたままコンブくっさーなジャグジーに入ったり、私専属?のエステティシャンがみっちりと顔や身体を揉みほぐしたり、顔にキュウリを貼られたり。
なんだか良く分からない2時間弱でしたが、とってもセレブーな気分でした。
セレブーとはいっても、現地の相場としては中級クラスなんですよね。
だけど、屋台のバーミーナームが200杯は食べられるほどですから、もんのすごく高価です。

もう1ヶ所は、かの有名な「有馬温泉」です。
もちろん、「ありっまひょ〜えのこっおーよっおーかっくへーっ」の有馬温泉ではありません。
パッポンとタニヤの間に挟まれたところにある「有馬温泉」です。
BTSだとサラデーン駅が最寄りの「有馬温泉」です。
・・・くどいですね。

いつもそこでは二時間の全身マッサージを受けるのですが、一度だけ顔面エステを体験しました。
部屋は…もちろん個室ではなく、1階の受付の左手にある足つぼエリアの一画です。
優雅なBGMはあり得なく、入手経路がちょっと怪しい日本の民放のビデオが流れていました。
スチームミストが強烈すぎて呼吸困難に陥ったり、肌を掃除するためのクリームがえも言われぬくっさーだったり、老廃物落としがゴシゴシ激しかったり。

でも、それなりの収穫はあったようです。男の私が言うのもアレですが、しばらくの間はお肌がつるつるでした。

1ヶ所目の高級エステと比較してはダメですが、軽いノリで行けるし日本語もまぁまぁ通じるし値段も庶民的なのでとてもお勧めです。
庶民的とはいっても、屋台のバーミーナームが20杯は食べられるほどですから、ちょっと高価です。

#高級エステのエステティシャンは日本語がまったくダメでした。

1ヶ所目と「有馬温泉」にはそれぞれの個性があって、まったく別モノと思っています。
私としては、「有馬温泉」で二時間の全身マッサージを10回やったら、同じ「有馬温泉」で顔面エステをやって、その顔面エステを10回やったら、高級エステを1回やれば良いという気分ですね。


「有馬温泉」について補足です。
パッポンとかタニヤとか、場所柄エロエロ路線のお店かと思われがちですが、正統派なタイ式マッサージのお店です。
バンコクに通い始めた頃は、ワットポーのマッサージ学校にお世話になっていました。
その後、あちこちのマッサージ屋に行きましたが、けっきょく「有馬温泉」に落ち着いています。
飛び抜けて良いところもなく、かといって悪いところもないですが、だからこそ気楽で良いです。
日本語がそこそこ通じるところも気楽なのかも。

タイ式マッサージは、テレビ等で先に情報を仕入れると食わず嫌いになりそうですが、実際に試してみると、これがまたステキでたまりません。
大切な部分以外をみっちりマッサージしてくれて、不思議と揉み返しにも悩まれません。
私の場合、日中はとにかく歩いて観光をして、ヤワラーの海鮮屋台で夕食後、タクシーかトゥクトゥクで「有馬温泉」に行くパターンが多いです。 その後、パッポンのネオン街へ流れることもしばしばですが。(^_^;
バンコクに滞在中は、ほぼ毎晩行ってますね。
度が過ぎると、一日に2回とか午後のフライト前に1回とか(笑)。

前回、「有馬温泉」で初めて個室(+200バーツ)というものを使ってみましたが、とても静かで快適でした。
施術の内容は、カーテンで仕切られた一般エリアと一緒なのですが、一般エリアの場合、たま〜に…というか、かなり高い確率で日本人のエロオヤジがシモネタ全開でマッサージ嬢を口説いている会話を耳にしていると、「なんだかなー」な気分になります。
口説くならパッポンでいいじゃんと思うのですが... 「それはそれ、これはこれ」なんですかね。
posted by らんちょん at 23:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

HLAなんたら

週末に町田で献血をしてきました。

涼しいお部屋でジュースとお菓子が食べ放題,かつ粗品も頂けたりします。
おまけに、当日ではないですが血液の状態から体調が分かるのが良いです。
「人を救う」なんて気構えると、かえってヘヴィになるので、あまり考えないようにしています。

問診の際、先生がいつになく私の過去を根掘り葉掘り聞いてきました。
やれデリーだカトマンズだシェムリアップだホーチミンだとか、それぞれの都市にいつ行ったとか聞かれて、それはもう大変でした。

その後の血液検査の際、献血の実績や血液の状態の良さから、「HLA適合成分献血」への登録を誘われましたが、なんのこっちゃさっぱり分からないのでパンフレットをもらいました。

今回は成分献血なので、それなりに時間が掛かります。
居心地の良いベッドに横たわって、さっきのパンフレットを読みながら、うつつつ・・・
保健婦?さんに「終わりました」と起こされました。 とても気持ち良い眠りでした。

受付で、パンフレットの内容を再確認して、「HLAなんたら」に登録しました。

「HLAなんたら」については、ココをクリックしてください。

そういえば、さっきの血液検査の際に、HLAを調べるための血液を別に採取されました。(←まだ登録前なのに?)
しかし、私のHLAは諸般の事情により某団体で管理されているハズですから、そこから情報をもらえば良いんじゃないかな?と、ほのかに思いました。
きっと団体同士で連携していないんでしょうね。 自分のHLAを永遠に教えてもらえない私にとっては、団体の連携云々は知ったことではないです。
まぁ、自分のHLAを教えてもらったところで、内容はさっぱり分からないでしょうが(笑)。

とりあえず、ジュースとお菓子と粗品を頂ければ良いです。 なんて不健全な精神だこと(笑)。
お昼代わりにネギ味噌味の煎餅とドーナツを1つづつもらい、さようならです。
あ、粗品はペンと絆創膏です。
キティちゃんがデザインされたペン、いったい何本持っていることやら。
見た目は???ですが、けっこう書きやすくてお勧めです。


その後、新百合ヶ丘のフィットネスクラブでカロリーバーナーステップをしていたら、汗で絆創膏が剥がれるわ、針の刺し傷から血液が出てくるわで、密かに大変でした。
・・・というか、献血の直後に運動ですか!

その後、小雨の中をバイクで走り回っていたら、一気に風邪モードへ突入しました。
今もつらいです。

献血する以前に、自分の身体を大切にしましょう>私
posted by らんちょん at 13:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他

タンドリーチキン

今日の良かったことは、お昼に タンドリーチキン を食べられたことかな。
タンドリーチキン と書くと、まとも?なインド料理屋に行ったのかと思われるかもしれませんが、会社の近所のマクドナルドピタマック を頼んだだけです。

「スパイシー」というキャッチに期待して食べたのですが、ガツンとはこなかったです。
万人受けするための味付けなのでしょうね。
それでも、多少なりとインドな気分には浸れました。


過去に二度ほどインドを渡航しているので、日本で生活をしていても、ごくたまにインド料理が食べたくなります。
ただ、近所にインド料理のレストランがあっても、ひとりでは食べに行こうとは思えず、いつも食べずじまいになってしまいます。
とはいえ、吉野家 とか 大戸屋 のようなノリのインド料理屋が存在してもどうかと思いますが。

たいへん極端な発想ですが、欲を言うとやはりインドで食べたいですね!

二度の渡航の際、いずれの場合もインド料理の知識を入れていかなかったので、なんかロクな料理にありつけませんでした。(インド料理に限らずインドそのものを学んで行かなかった…)
そんな中でも、唯一まとも?なインド料理に巡り会えたのがタンドリーチキンでした。

インドに入国した次の日、ヴァラナシ行きの夜行列車に乗るために朝からデリー駅に行きました。
チケットの確保でどえらくスッタモンダしたり、暑さでバテ気味だったりで、ずっと食欲が無かったのですが、いざ汽車が動き出した途端腹がグーグー鳴りました。
駅で買ったクラッカーでは物足りず、さてどうしようかと思っていた時に、タイミング良く乗務員がやってきました。
「なんか食う?」と聞かれ、イエスと答えたは良いものの、マシンガンのようにメニューを言われ、唯一聞き取れた「チキン」という単語に反応した結果が タンドリーチキン だったワケです。(説明が長いな〜)

タンドリー弁当

写真では分かりにくいとは思いますが、か〜な〜りの大皿です。
そこに一品一品がテンコ盛りでしたから、いくら腹が減っていたとはいえ、めいっぱい残してしまいました。
しかし美味しかったです。
独特のスパイシーさ(マサラっていうの?)が最初は鼻につきましたが、一瞬のうちに重要なアクセントに変わりましたね。
チャパティとカレーも美味かったなぁ...


ヴァラナシ行き

またこの汽車に乗って、豪快にタンドリーチキンを食べながら、ヴァラナシに向かいたいです。
噂によると、少し前にこの汽車で爆弾テロがあったとか。ひえぇ。
posted by らんちょん at 13:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

2006年08月10日

こころのケロイド

こころの薬を断って2〜3ヶ月が経過しました。
それまで長い長い付き合いでしたが、ようやく依存から抜けられそうな気配です。

ただ、「治ったぜ!」と素直に喜べば良いものを、何か些細なことで心が揺れるようなことがあると「まだ完治していないから」と、こころの病に甘えてしまう面が少なからずありますね。

病にかかる前と後では性格が激変してしまいました。
前は何をするにも破滅的だったし人に対してはトゲトゲしかったけれど、今は自分でも信じられないほど保守的で物事を始めるにも人と接するのもかなり慎重になってしまいました。

そのギャップに戸惑い、メンタルクリニックの先生に相談をしてみましたが、「病は治っているんだし、とりあえず今の性格を素直に受け入れてみては?」とアドバイスを受けました。


ひざこぞう

写真はバイクですっ転んだ時にできた膝の傷跡です。 ケロイドみたいになってしまいました。
生傷が治癒しかけた頃は跡形を気にしましたが、幸い生活に支障が出るような部位でなかったので、そのうちに気にならなくなりました。

もしかしたら、私のこころにもケロイドみたいな跡が残っているかもしれません。
今はそれが気になっているし、そのせいでわずかに生活に影響(≠支障)が出ているけれど、そのうちに気にならなくなるかな。
そうあって欲しいです。 ケガは治っているんだしね。
posted by らんちょん at 22:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他

スットコどっこい

アメリカからの牛肉輸入が再開された件について。

なんでも、今回いち早く輸入を始めたのがコストコ(だけ)だとか。

ロゴをクリックすると、コストコのホームページにジャンプします。

スットコへジャンプ

色々な意味でコストコの名前が知れ渡りましたね〜。
報道等でその名前を知って、興味を持ってお店に来てみたものの、会員じゃないと門前払いを食らい、退散するかついつい会員になってしまうか… そんな人は多かれ少なかれいるだろうなぁ。

輸入を始めたばかりの牛肉を買うために、わざわざ会員になられる方は少ないと思う。
ただ、店内で扱っているオーストラリア牛肉と比べても、アメリカのそれは圧倒的に安いみたいですね。
その安さが逆に恐ろしかったりしますが。

そんなたわごとを書いている私。 実はコストコの会員だったりします。
お店を知っている人はご存知だと思いますが、肉に限らずほとんどの商品の売り方は、独り身の私にとって驚異だったりします。
そんな私に出来ることは、試食エリアで見知らぬガキンチョと一緒に焼き上がった肉が配られるのを待つか、味は度外視の爆安ホットドッグにこれでもかとオニオンとピクルスとケチャップとマスタードを載せて食べるくらいでしょうか(笑)。

久しぶりに、そのホットドックをソフトドリンク(おかわり自由)で流し込みたくなってきました。
あぁ、なんてアメリカンな雰囲気だろう。 あぁ、身体には悪そう。


写真は、私の会員証と特に意味はない北見のハッカ油スプレー。

スットコとハッカ油


題名のスットコの意味は、コストコのことをなぜかスットコと呼んでしまうので。

続きを読む
posted by らんちょん at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年08月08日

今日の良いこと

今日の良いこと:タオル

浜田省吾のベストアルバムを購入しました。
スピードくじを引いたら、見事にタオルが当たりました。

アルバムとタオル

本当はTシャツが欲しかったですが、ぜいたくを言ってはいけませんね。

というわけで、アルバムの紹介です。





amazonの広告を横並びにする方法をご存じないですか?>達者な方々


今日の良いこと:秋の予感

台風が接近しているなかの夕焼けが見事でした。
赤く焼けた雲が印象的でしたね。
秋が迫っている証拠でしょうか。少しばかりセンチメンタルになりました。


今日の良いこと:フラフラ

台風の影響なのか、蒸し暑い夜から少しだけ解放されています。

冷房が苦手な私ですが、さすがにここ数日間の夜はキツかった。
キツかったので、小技を使って身体を冷やしました。

ふらふら〜

写真の右2つがバンコクで買ったクールパウダー「フラフラ」
温かめのシャワーを浴びて、身体を拭いた後、このパウダーを叩くと、しばらくの間はゾ〜っとします。
なかなか快感なのですが、独特の甘酸っぱい香りが少しうっとうしいです。

というわけで、写真の左側に見える純国産のローションを専ら常用していますね。
フラフラとはテクが少し違い、温シャワー → ローション → 軽く洗い流す → ゾ〜 です。
こちらはフラフラほど長持ちはしませんが、ローションが乾くとパウダー状になるので、ドライな気分は長持ちします。

こうして寝苦しい夜と格闘しております。


気が向いたらチャレンジしてみてください。




posted by らんちょん at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年04月21日

ふるさと銀河線の思い出

昨日でふるさと銀河線が廃線になりました。

私も一度だけ乗ったことがあります。
バイク乗りの私がなんでそんなマイナーな路線をと思うかもしれませんが、沿線には馴染みの宿があるからなのです。

沿線と書くと響き?が良いですが、陸別から北見までははっきり言って何もないです。
先日のブログで書いた三国峠のルートも途中には何も無いですが、見事な景色やアップダウンのコーナーがあります。
しかし、このルートは周りがずっと森ばかりで、道はフラットそのもの。 簡単に言えばつまらないです。
一度、夜間走行をしたことがありますが、あまりの寂しさで気が変になりそうでした。

北海道の旅は基本的にバイクでの移動になりますが、それは夏期に限ったこと。
何年か前に冬の北海道を旅してみたいという衝動に駆り立てられて、何度か汽車で道内を移動したのですが、そのうちのひとつに銀河線の旅がありました。
もちろん銀河線に乗りたかったワケではなく、その宿へ行くための唯一の手段だったのですから。


始発の池田駅は、夕空が真っ赤だったのを覚えています。
JRの駅の隅っこに、ちほく線用のとても小さな券売機があって、やたら高い乗車券を買いました。
銀河線のホームは外れだったような記憶があります。
駅の外れにある銀河線のホームに向かい、汽車に乗りました。
車両の外見は寂れた雰囲気なのですが、乗客はかなり多くて拍子抜けしましたね。
ホントに赤字なのと思うくらいに賑わっていました。

池田を出発し、十勝平野の広い空が暗闇に変わっていくのを車窓から見届けました。
陸別の駅に着いたら、大多数…というか私以外の客がすべて下車しました。
雪に埋もれた森の中を、私のためだけに汽車が走っています。
目的の小利別(しょうとしべつ)駅で降り、お客が乗っていない一両きりの汽車を見送りました。

駅から宿までは歩いて2〜3分。
廃校になった校舎をそのまま使った宿の建物が見えてきます。
下駄箱にトレッキングシューズを置き、久しぶりに会った宿主さんからシーツを貰って、教室を流用したドミトリーに向かいます。

部屋の灯りのスイッチを入れると、冷え切った空気の中に見慣れた手作りのベッドが並んでいます。
心地よい間隔を保ったベッドの上に、既に到着していた何人かの荷物が置かれていました。
私も空いているベッドに荷物を置き、軽装に着替えて食堂兼居間に向かいます。
教室を改造した居間に敷かれた畳の上で、旅人達が新聞や時刻表を眺めていました。
その旅人達に軽く挨拶をして、宿帳に自分の名前を書きながら、夏に書いた自分の筆跡を探します。
ふと黒板に目をやると、いつものように私の名前が書いてありました。 黒板が予約表になっているのです。
夏であれば「●月▲日 ○×さん バイク」と書いてあるのに、今日は「バイク」の部分が「きしゃ」になっていました。 妙に新鮮な気分になります。

・・・といった感じで、落ち着いた宿の夜が更けていくわけですね。
ただし、その日の夜は特別でした。
その日は偶然にも日本各地をギター1本でライブを続ける方と一緒になったのです。
その方は、日本一周をした親友との話に何度も何度も出てきていたので、初めて会った気がしませんでした。
今夜はその方の突発?ミニ・ライブ。
日本の北の果てで、畳にあぐらをかいて日本酒を飲みながらのライブなんて素敵だと思いませんか?
ライブの後、宿主さんから渡された湯たんぽと共に寝床につきましたが、深酒とライブの興奮で湯たんぽも不要なほどに暑苦しかった覚えがあります。

翌朝、北見に向かう汽車の時刻まで余裕がありました。
食堂の畳の上で何をすることもなくゴロンとしていました。
ストーブの上のやかんが奏でる蒸気の音を聞いていたら、いつの間にかウトウトと・・・。

宿主さんや連泊のお客さんと一緒に駅まで走りました。
汽車に飛び乗り、息を切らせながら皆と別れの握手をしました。
雪に埋もれかけた小さな無人の駅舎の外でずっと手を振っている皆の姿は、今でも脳裏に焼き付いています。

私の銀河線に関わる思い出はそんな感じです。 懐かしい思い出です。
というわけで、長い間お疲れ様でした。

続きを読む
posted by らんちょん at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年04月14日

ルピナスに想う

ちょっと前の新聞記事ですが、鹿児島県の指宿でルピナスの花が満開だそうです。

ルピナス3万本が見ごろに 鹿児島・指宿

指宿の休暇村かぁ。過去に2度ほどお世話になりました。
確か指宿市内を北に向かった町はずれにあった記憶があります。
立地条件も良いし、部屋の掃除も行き届いていたし、なにより料理が豪華で美味しかったです。
きびなごの刺身を肴にビール… 至福です。

鹿児島には旅の思い出が多いです。
---
・国道10号を都城方面から南下した時に突如現れる錦江湾と桜島は、感動で震えるほど圧巻でした。
・山川町の砂蒸し風呂で40分近く我慢して、砂かけおばさんに笑われました。
・腹が立つほど熱い開門温泉の庭で、地元のおじさんにビールを勧められて飲んじゃいました。
・開聞岳山麓での初ソロキャンプで米炊きを失敗して、見知らぬキャンパーにご飯を分けてもらったっけ。
・錦江湾のフェリーのうどんは最高に美味しいのですが、航海時間が短いからゆっくり食べられないです。
・開聞岳を廻る道路の一部に路面が荒れ放題の長いトンネルがあって、そこで停車したらすごく怖かった。
・くだらない力のために、本土最南端にたどり着けない旅人はまだ増えているのでしょうか。
---
気が向いたら、もっとしっかり書いて投稿しましょうかね。


話をルピナスに戻して...

ルピナスというと、私は鹿児島より北海道にある十勝三股の群生地を思い出します。
とはいっても、実際に花を見たことがあるわけでなく、十勝三股にある喫茶店で色々と話を聞いただけなのです。
いつかはこの目で見たいと思っているのですが、満開の時期(6月頃?)はとかく中途半端なので、なかなか実現できていません。

ついでなので、十勝三股の話を少々。
バイクや汽車で幾度となく北海道を旅していますが、十勝三股の集落がある大雪〜三国峠〜糠平のルートはしばらく走る機会がありませんでした。
それまでは特に魅力を感じなかったのです。 ルート上にめぼしい観光スポットが無いですからね。

きっかけは単純でした。
西興部の氷のトンネル(ずいぶん前に崩落したようですが)に行ったとき、駐車場で会ったライダーの女性から「十勝三股に美味しいチーズケーキの喫茶店がありますよ」という情報を聞きました。
甘い物が苦手な私でも、女性からの情報ということで、下心をくすぐられましたね(笑)。
初めての地名に見当もつかず、地図を開いて場所を確認しました。
喫茶店の屋号を聞きましたが失念したとのこと。 「行けば分かる」というのですが本当に分かるのでしょうか?
というわけで、下心ライダーは十勝三股を目指しました。

層雲峡の下に延びる長いトンネルを抜け、大雪湖を右折して初めての道に入ります。
ダム湖が見えなくなる頃には、周りの景色が手つかずの大自然そのものになります。
北海道で「自然そのもの」というのもおかしいかもしれませんが、まさにそのとおりなのです。
通行量の極めて少ない国道をなだらかに上っていき、右コーナーの先にトンネルが見えます。
そのトンネルを抜け、左手にドライブインが見えると・・・
「おぉ、すごい! すごすぎ!!」 慌てて急停車をしました。
左前方に広がる樹海の大きさは、今まで見てきた北海道の絶景の記憶がすべて消え去る勢いです。
興奮が冷めないうちに、巨大なループ道を一気に下り、上から見えた樹海の中に滑り込みます。
熊がいつ出てきてもおかしくない林間道路を淡々と走ると、左手にログハウスが見えました。
バイクを停め、辺りを見回しましたが、それ以外の建物はほどんど朽ちており、人の気配もありません。
地図を見ると十勝三股付近なのですが、まったく自信がありません。
あの情報はガセだったのでしょうか。(←失礼な話ですよね)
仕方がないので、ログハウスの人に道を聞こうと建物の中に入ったら、なんとなく喫茶店みたいな雰囲気でした。
挨拶をくれたおばさんに「十勝三股で美味しいチーズケーキを食べさせてくれる喫茶店を探しているのですが」と尋ねたら、「ケーキが美味しいかは別として、十勝三股の喫茶店はここしかありませんよ」と言われました。
というわけで無事に到着したのです。

甘い物が苦手な私は、いきなりチーズケーキだけを頼む根性が無いので、メニューの中から「畑のランチ」(「ビーフライス」だったかも?)とコーヒーと、チーズケーキも忘れずに頼みました。
ランチとコーヒーは、とても美味しかったです。
チーズケーキは…、きっと美味しいのだと思います。 私は甘い物の味覚が良く分からないので(笑)。

女性客がいなかった、というかお客さんが私しかいなかったので、下心はすっかり消え失せました。
宿泊地まで近かったし、なにしろ居心地が良かったので、意味もなくのんびりしてしまいました。
私がヒマそうにしていたら、おばさんが話しかけてくれて、その後しばらく盛り上がりました。
十勝三股の歴史,近所の永久凍土,幌加温泉や岩間温泉,熊の出没,そしてルピナスの話。
なぜかルピナスという言葉の響きが良くて、興味津々で色々と尋ねたら、おばさんは店内で売っていた写真集を広げて、群生地の写真を見せてくれました。
その写真に写っている藤の花を逆さまにしたような紫の濃い花が今でも脳裏に焼き付いています。

それ以来ですかね。 いつかルピナスを見ようと思ったのと、この喫茶店に通うようになったのと。
上にも書いたとおり、いまだにルピナスを見る機会はないですが、喫茶店には良く通っています。


晩秋の北海道にて…

札幌でレンタルバイクを借り、三国峠を経由して帯広に向かう予定でした。
気温はひと桁になっていましたが、「六花亭」や「ぱんちょう」という他愛ない目的を達成するために、気合いを入れて突っ走っていました。
三国峠のトンネルを抜けたら、激しく雪が舞っており、かなり焦りました。
ブルブル震えながら喫茶店に駆け込み、温かい料理と温かい話をしていたら、以降のルートがどうでも良くなり、来た道を戻ってしまいました(笑)。

そんな気分になる喫茶店です。

そういえば、喫茶店の屋号を書いていませんでしたね。 さて、なんていう名前だったでしょうか。
興味がありましたら、十勝三股を目指して行ってみてください。
きっとすぐに分かると思いますよ。


すっかりルピナスの話から脱線してるじゃないですか(笑)。
posted by らんちょん at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年02月10日

たみふりゃ〜

メールでの投稿テスト。

インフルエンザを引きずっております。
つうか、1/31からの病は単なる風邪で、2/7の夕方からぶり返して現在に至る病がインフルエンザなんだって。

2/8はひどい悪寒の中を仕事していたのだけど、昼過ぎからマックス・ダメダメになって、早退して病院に駆け込んだワケ。
「前回は検査してないから今回はするね」って、鼻の中に綿棒を入れられて粘膜を採取。
待合室で待つこと20分。再び診察室に呼ばれ「A型です」と言われました。

薬局にて世間で大評判のタミフルを1シートも頂いたので、記念にブログ投稿用の写真でも撮ろうと思ったら、薬剤師?さんに「直ちに一錠飲んでください!」と水を渡されたので、しぶしぶ服用しました。
明日も休むのはマズいなと思いつつ、今以上に悪くなったら無理だし、こんな私でも レスピラトリー・エチケット っつう言葉くらいは把握しておりますので、保存のきく食材を買い込んで帰宅しました。

帰宅直後、滝のような汗を流しつつも「さぶぅさぶー」と唸っていた少し後の体温が39.7℃。
もしかしたら、何年かぶりに大台を越えていたんでないかい?

その後、最近お気に入りの「干し芋」をスポーツドリンクで流し込んで、またタミフルやその他の薬を飲む。
額に冷えピタを貼って爆睡、目覚めて干からびた冷えピタをはがし、汗でびしょびしょになった下着とスウェットを脱ぎ、タオルで身体を拭き、着替えて、冷えピタを貼り、スポーツドリンクを飲み・・・

こんな事を朝まで3回くらい繰り返したでしょうか。
ずいぶんスッキリしたなと思ったけれど、体温は38.1℃だったので仕方なく会社に連絡をしました。
それからも「冷えピタと着替えと干し芋とスポーツドリンク」の繰り返しをしばらく続け、夕方には平熱に戻っていました。

すごい脱力感だったので買物に行く気もおきず、買いだめていたカップラーメンでとバナナで夕食を済ませました。
久しぶりのカップラが美味かったなー。


つうわけで、今日から復活してます。
とはいえ60%程度の復活なので、まだまだジムには行けそうにないです。
いつもなら体調が多少悪くても平気で行っちゃうのに、今回ばかりはさすがに無理って感じですわぁ。


倒れている最中、実家からヘヴィな連絡が入り凹み度合いが増してしまいましたが、私が凹んでいても仕方ないので、前向きに頑張ります!

応援よろしゅうに。

posted by らんちょん at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年02月07日

腹筋を鍛えてます

ここ数日、腹筋を鍛えています。
ジムには行ってません。しばらくは自宅、今は会社と自宅で腹筋を鍛えています。
腹筋の鍛えすぎでほとんど眠れてません。かなりの睡眠不足でテンパっています。

1月31日の夜あたりからインフルエンザを患ってしまい、現在に至っています。
久しぶりに本格的な病気にかかり、三日も会社を休んでしまいました。
熱が40℃近くになった時は、前後左右の感覚が無くなり、これはヤバいと思いました。
約5日間。 むりやり食べて、吐くほど水分を補給して、汗をかきまくって、病院の薬を服用して、黙々と寝ていたら、なんとか出勤できるまでに快復できました。
今もひどい虚脱感に襲われています。サウナを限界を超えるほど入っている感覚でしょうか。

あ、腹筋の話ですけど、熱がピークを過ぎたあたりから、ひどく咳き込むようになりました。
頻度は減りましたが、今でもゴホッてます。一度ゴホるとなかなか止まりません。
咳のしすぎで、背中は痛いわ、頭は痛いわで大変です。

で、ふと気が付いたのだけど、腹回りがシェイプされている感覚なんですよね。
咳き込むと腹筋をすごく使っているらしくて、それが効いているみたい。
風邪によるエネルギー消費と相まって、けっこうスリムになったかも。
というか、それって単なる体力低下だよね。
「インフルエンザ・ダイエット法」ってか。笑えねー。

しかし、こんな調子じゃ、しばらくジムには行けないですね。
スタジオ内で咳き込むって。マジで。
posted by らんちょん at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年11月12日

情報に溺れないよう

ミスドの手帳をゲットした。やっとドーナツから解放されるぅ。

ミスドの手帳

その手帳なのだが、店頭でもらうときは嬉しかったけど、中身を見たら「う〜ん」な感じ。

なんで手帳ゲットに燃えていたかというと、ここしばらく仕事と私事の量がすごく多くなり,トシのせいか全てのタスクを覚えられなくなってきた。
公私ともにイベントが多いのは嬉しい限りなのだが、いつポカを起こしてもおかしくないような状態でもある。
でもさ、会社入ってしばらくは会社ブランドの手帳を買っていたけれど、毎年のように三日坊主で年末を迎えるんだよね。

今の職場ではスケジュール共有用のホームページがあり、そこに半ば強制的に予定を入れることになっているから、とりあえず公用の予定は管理している…と思う。
ただ、予定の衝突を避けるために、そこに私用の予定を被せたく、幸いホームページの機能で予定を非公開にするというのもあるのだが、ホームページを管理する部門に内容を見られる可能性もあり、あまりハッキリとは書きたくないのである。 だから今はとりあえず「私用あり」としか書いていない。

ここ数年は、Palm系のPDAを使い、予定に限らずアドレスや備忘メモやToDo等を管理していた。
PDA内の情報は、Windowsのアプリを用いて、会社と自宅のPC上でもシンクロさせているので、これはこれで便利だと思っている。
ただ、PDAを常に持ち歩くのにも限界を感じており、そもそもPDA自体が世間的に下火になりつつあって、この先だいじょうぶかいな?と思っている。

予定に関しては、会社の机上に保険のおばちゃんから貰えるような卓上カレンダーが置いてあって、それに予定を書き込んだりもしているが、書ける欄が小さいし、だいいちそれを持ち歩くのもアレだよね。

ToDoは、会社と自宅のPCで電子付箋紙を使っているが、放っておくと付箋紙だらけになってしまうのだ。
「付箋紙だらけ」なんてよくある話だが、私もそれの1人かと思うとねぇ。

つうわけで、溢れそうな情報をなんとか一括で管理したいんだよね。それも早急に。


かなり多くの時間を共にしている携帯に目を付けた。
そういえば、いつの間にか携帯の予定表に重要イベントをコツコツ入力していた。
アラームが付いているから、ポカせずに済むんだよね。
しかし、なにぶん画面が狭くて情報量に限りがあるし、私にとっては入力も結構めんどい。

ちょっと前、ドコモからM1000というスマートフォンが発売されて、「これは良い!」と思ったのだけど、携帯の番号が変わるのがイヤだったで、来秋の番号ポータビリティ開始まで待つつもりでいた。
しかし、友人がその端末を使ってみてかなりダメ出しをしていたので、それからずいぶん冷めてしまったのさ。

ウィルコムW-ZERO3にも興味ツンツンなのだが、そもそも私がウィルコム自体を使うんかいな?というハナシもある。

というわけで…
とりあえず携帯に関しては、現キャリアから間もなく出る新製品に、ほーんのちょっとだけ期待してる。ほーんのちょっとね。


そうこうしているうちに、原点に戻ろうかと紙の手帳なんてのをふと考えてみたりしたのだ。

見開きで月曜始まりのマンスリー型が良いかな。
携行には小振りなのが良いけど、書きやすさを選ぶと少々デカくなっても仕方ないのかも。
ウィークリーの欄は要らないから、その分は薄くあって欲しい。

ということで、話が先頭のミスドに戻るワケだね。悪循環・・・


さてさて。
殴り書き状態になっちまったが、これから私の情報管理はどういう方向に進むのやら。
来年の今頃も同じような事を言って(書いて)そうだね(笑)。
どなたかアドバイスをちょうだいな。


記事トップに貼り付けた写真について。

ミスドの手帳の上に置いてあるのは、会社で使いまくりのペン3種と付箋紙。
写真には出ていないが、この他にノートPCと内線PHSとB5ルーズリーフだけで仕事をしている。

そうそう。10月からまったく新しい部署に移ったんだよね。勤務地も変わったよ。
新しい上司から「早く来い!」と言われ、身ひとつで動いたので、旧部署には数多くの荷物が残っているのだけど、なんか要らないって感じ。身が軽いってかなり良いね。
いずれ旧部署に行って荷物の整理をしないといけないのだけど、良い機会だから捨てまくろう。
色々な意味での「しがらみ」を捨てて、心機一転で頑張っていこうと思った。


それはそうと...
ペンは数年前からジェルボールペンの赤,青,黒を使ってる。
今はクリップ付きのサラサクリップ。 このクリップが意外に便利! 目から鱗!!

なぜボールペンなのか? 消しゴムで消せないからかな。書き損じた情報も、なにかの拍子で有効になるときがあるからかな。
なぜジェルなのか? 紙に書きやすいと思っているから。

しかし、いつも芯先は 0.5mm を選んでるのに、今週に総入れ替えをしたら、文房具屋でそーとー慌てていたのか、3本揃って 0.7mm を買っちゃたんだよね。
もー、インクが無節操にドボドボっす。一気に無くなりそう(笑)。

宣伝しとこ。欲しい人は写真をクリーック!




私のお勧めは 0.5mm だよん。(;_;)


あと付箋紙。 ポスト・イットのフラッグをご愛用。

ルーズリーフの一画が、いわゆる打合せで出た案件…いわゆるToDo管理になっているのだけど、その場でペタペタ使ってる。
基本的に遅くとも一週間以内に付箋紙を剥がせるように行動しているつもり。
あとは、オフィスで良くありがちなディスプレイ脇には貼らない。

なぜこの付箋紙なのか? ギミックが好きだから。
使ってみないと分からないけど、一枚取り出す時が何となくカッコイイのだ。
実際はどうか知らないけど、なんとなく仕事が出来そうに見えるのさっ。

というわけで宣伝。欲しい人は写真をクリーック!





あまり意味のない投稿になったような...



posted by らんちょん at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年11月10日

マイブーム

ひとつ前の投稿がアリスで終わるのもアレなので、意味もなく最近のマイブームを書いてみる。

マイブーム

会社の机に並べたマイブームの一部。
右奥から 黒ごまオ・レ,カップシチュー,伊右衛門の巾着
手前に寝ているスターバックスの発泡スチロール製カップは、なんとなく珍しそうなので特別参加(笑)。


伊右衛門の巾着は、電車の中で持っている人を見かけて以来、なんとなく集めちゃってる。
色は六色あって、手に入れたのは 朱,濃草,からし,茶 の四色。残りは 紫,紺 の二色。

ホット用のペットボトル入れにぴったりの形なのだけど、結構しっかりしたつくりなので、小物入れに使うつもり。 色によって入れる内容を変えてみたりしてね。

偶然にもオトナ買いできる広告を見つけたので掲載する。 私はコツコツと集めるのだろうなぁ(笑)。





カップシチューは、「何で今まで無かったの?」って感じだけど、ようやく現れて嬉しい限り。
味は「4種の緑黄野菜のクリームシチュー」と「3種のきのこのクリームシチュー」の二種類あって、私は後者が好みかな。
会社のお昼にズーズー飲んでる。


そりゃあ、野菜ごろごろの手作り品の味にはかなわないけど、手軽さではカップシチューも良いね。
なんか世間でも流行ってるみたいだよ。

そういえば、コンビニのお総菜でクリームシチューを見たことが無いかも。
ファミレスではメニューにあるのかな? ここしばらくファミレスに行ったことが無いので分からないや。

つうわけで、興味があったらいちど試してみて。





黒ごまオ・レは、会社の自販機で見つけたのだけど、珍しくなさそうだし、アフィリエイトのネタも無いので説明は省略っす。


写真には出ていないマイブームも少し紹介。

オレンジジュースがロングなブームだね。
半年くらい前から、ほぼ毎日500ccくらいは飲んでる。
ジュースっていうくらいだから果汁100%のみ。
やれ健康だ不健康だとか、細かいことをどーのこーの考えず、とにかくガバガバとね。

個人的にはPOMジュースが好きなのだが、高価なので百均の500ccパックやショップブランドの1000ccで我慢してる。

というわけで、憧れのPOMジュースの宣伝っす。





ジュースといえば一日分の野菜だね。
果物が入って甘かったり酸っぱかったりするのはダメ。野菜汁だけが入ってて少ししょっぱいのが好みかも。(とかいって、実はレモン果汁が入っていたりする)
これもオレンジジュースと同様、細かいことをどーのこーの考えず、280ccのペットボトルを一気飲みでガーっとするのである。

これも宣伝しておこう。





会社のお昼どき。上述したカップシチューが在庫切れの時は、無印良品のフリーズドライ・スープを飲んでいる。
素朴な味だけど、なかなかイケるんだよ。もう少し値段が安くなるとラッキーなのだが。

無印良品のショップかファミマに行くと ミネストローネ,オニオンスープ,グリーンカレースープ,酸辣湯 あたりがばら売りしているので、それを買い置きしてる。

フリーズドライ・スープの広告っす。


レトルトにはあるクラムチャウダーが、フリーズドライでは無いみたいね。
私って、なんだか知らないけどクラムチャウダーが好きなんだよね。


そういえば… 無印のレトルトには一時期ハマッてたなぁ。
かなりメニューが豊富で、その時期に販売されていた商品はひととおり制覇したつもりだけど、その中でも下の商品は良く食ってたし、今でも思い付いた時に食っている。

チリスープ,クラムチャウダー,ガーリックライス,雑穀ごはん,玄米と小麦のトマトスープ,ひよこ豆のカレー,ポークビーンズ

マイブームは過ぎてしまったけど、いちおう広告をのせておく。



ここんとこミスタードーナツに通ってる。

甘い物が苦手な私がミスドを溺愛するワケが無いが、11月末までのキャンペーンで来年の手帳がもらえるので、それを目当てにせっせと通ってる。
ドーナツを3つ買うと300円を越えて、ポイントカードが1枚もらえる。
その3つは、朝に2つと昼に1つ食べている。
朝はポンデリングカリーパン。ついでにオレンジジュース。ちなみに、このトリオは私の週末の定番朝食だったりする。
で、昼はオールドファッション。そして、カップシチューか無印スープ。

しっかし… 味気ないメニューだねぇ(笑)。
手帳との交換まであと1枚。 今週中に達成かな? しばらく通わなくて済むと思うとホッとするよ。>ミスド


ついでに、10月末にスットコ…もといコストコへ行ったときに買ってきたオキシクリーンという洗剤。

見れば分かるだろうが、写真の右側がオキシクリーンの2.75リットル。
コストコ!

見ても分からないだろうが、左側がスットコでは有名なコーンブレッド。
そう! 一時期は三食コーンブレッド生活が続いていたのだ。
その食生活の内容は、あまりにもバカバカしいのでココには書かない(書けない…)。

話はオキシクリーンに戻るが、確かスットコから送られてきたクーポンを使って安く買ったつもり。
そこらの通販等ではなかなかのお値段みたいだけど、スットコではずいぶん安かったかも。

このオキシクリーンがけっこう凄いのだ。
洗濯機に付属のカップで1/4ほどのオキシクリーンを投入してガラガラ回すと、ほとんど泡が出ないワリにはなかなかの洗浄力だったりする。
ガンコなシミにも、つけ置き洗いでバッチグー(←ぜったいに死語)だす。

お洗濯が楽しくなるわぁ・・・ってアンタ、なんか宣伝みたい。 しっかり宣伝してみようっと。





ジム日記からは脱線しまくりの日記でした。
早くジムに行きてぇだよ(泣)。

posted by らんちょん at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年10月13日

ヴァーム目当てでパン三昧

先週末、ジムへ行く前に多摩境のスットコ…もとい、コストコへ行った。

コストコ多摩境店

スットコの会員になっていると、定期的に割引のクーポンが郵送されるみたいね。
マクドナルドのクーポンみたいなノリかと思って軽く見ていたけど、改めて見てみると過激に割引してたりする。
でも、あまり魅力的な商品が無いかなぁ・・・
な〜んて思ったけど、ジムで愛用してるヴァームパウダーがあったりして。

脂肪を燃焼しやすくするらしいってことで、ダイエットを始めた頃から使ってる。
エアロビクス等の有酸素運動をするときには、ほぼ毎回服用(※)している。

※)使い始めの頃は、用法通りペットボトルの水に溶かして飲んでたけど、最近は粉薬を飲む要領でザーッと一気に服用してる(笑)。

服用せずに有酸素運動をしたことがほとんど無いので、効いているんだどーだか分からない。
でも、周りの人と比べると汗の量が凄いかも。単なる「汗かき」と言われたら何も言えないが。
んで、一言だけ書いておくと、ヴァームのおかげか知らんけど、結果的にダイエットは成功したよ。
成功したのなら、今でも服用する必要は無いよね。つい癖でさ。

んで、価格のお話だけど...


ヴァームパウダー定価 1箱(20袋) \3,780

〜高いよね。こんなのを毎回使ってるんだって〜

スットコでの通常価格 2箱(40袋) \4,145
単価               \2,072

〜既に安いけど、ドンペン君の方が安いかもね〜

クーポン割引           -\1,313
割引後の売価           \2,832
単価               \1,416

〜やすっ!〜

つうわけで、わざわざ買いに行ったさ。
「これは転売出来るぞ!」なんて息巻いてたけど、店員さんに聞いたら1クーポンで1セットのみの販売ってコトで。(T_T)


アフィリエイト広告を貼っておこう。




スットコほどは安くないけど、それなりに安価な店を探してみた。
一度試してみてはいかがでしょう?
あ、服用しただけでは脂肪は燃えませんから。しっかり運動しなきゃダメよん。


ついでに買ったのが、職場用のインスタントレギュラーコーヒー。

UCCゴールドスペシャル ドリップコーヒー 30袋 \995

これは安いのだろうか? 30袋で千円割っているから安いと思うけど。

こちらも、アフィリエイト広告を貼っておくよ。





これもついでに買った。

コストコで買った商品

(写真左寄り)カークランドのディナーロール 36個 \523

私が会員になる前、既に会員だった友人の付き添いをした時に買った「コーンブレッド」を再び狙ってたけど、パン職人さんいわく「今日はもう焼かないと思います」だって。ブツブツ

というわけで、仕方なくディナーロールに変更。
焼き立ての争奪戦に参加! 見事にゲット。なんか嬉しいよ。
冷静に考えてみると、いい歳して喜んでいるワタシがビミョ〜だったりする。

写真で見れば分かるだろうけど、ハイカラなメシに付いてくるようなパンだよね。
レストランあたりで、バスケットに入っているのを取って、バターナイフでバターを塗ったくって喰うようなヤツ。
バターなんて贅沢なので、私は素(す)で食べたさ。

しかし、大量販売がモットーのスットコなので、独り暮らしにはかなりオーバースペックな36個入り1.4kgを買うしかなかった。
そのうえ、賞味期限が二日間なので、消費にはかなり気合いが入ったね。

つうわけで、先週末から三食ともディナーロールっす。ついでにおやつもディナーロール。冗談抜きで。(-_-;
せめて夕食だけは野菜等のオカズを付加しているけど、朝と昼はパン3個にオレンジジュースか野菜ジュースか牛乳。(T_T)
冷蔵庫で保管してたけど、時間が経つにつれ、パンが固くなってくるんだよ。
朝や夜は自宅のレンジでチンしてフカフカのパンが食べられるから良いけど、昼は会社でチンも出来ず、すっかり固くなったパンをちぎって口に運び、水分で流し込んでいたね(泣)。

今日(10/13)の夕食で、全36個を1人で完食したね。
ディナーロール生活、長かったなぁ・・・。

#近日中、懲りずにバターブレッド生活を開催予定です!
#生活の状況をブログで読みたい人はいるかな?


スットコの話に戻ろう。
店内の試食をダーッと攻めたつもりだが、一食分には及ばなかった。(カルビ,キムチ,チーズフォンデュ,ピクルス等々)
というわけで、店内のファストフードに寄った。
前回来店した時に食べたアメリカンテイスト(=大味)なホットドッグを再び食べる気にはならず、身体が冷えていたのでクラムチャウダー(\315)を注文した。
作り置きの品を渡され、一気飲みできるほどぬるくてガックシだったが、アメリカンなテイストでもなく、具もゴロゴロ入っているのが気に入ったね。 おまけのクラッカーを混ぜて食べると更にグー!

クラムチャウダーのアフィリエイト広告って、意外にあるもんだね。




いちおう貼ってみるけど、スットコ製じゃないよ。


南大沢のアウトレットモールに行こうと思ったけど、雨もひどかったし、ジムのレッスン時間も迫っていたのでヤメ。
かなり道を間違えてしまい、レッスンがギリギリだった。
posted by らんちょん at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2005年09月30日

最近のファイテン生活

ジム仲間のあいさんファイテン・デビューをされたようなので、トラバついでに最近の私のファイテン生活を報告しましょう。

友人のよんきちさんの紹介で付けたRAKUWAネックですが、もうずいぶん経ちました。
今では色々な種類のネックレスが出ましたが、私は元祖RAKUWAネックの55cmをずっと使っています。
肩こりの私には、それがなんとなく効いているように思われ、基本的にはお風呂以外は常に着けていました。
両親にも買ってやり、ずっと着けているとの話を聞いています。

元祖RAKUWAネック:写真をクリック!



一本目は地味なカラーでしたが、あるとき急に派手なカラーが欲しくなって、もう一本買い足しました。


今年に入り、ジムでエアロに目覚めたあたりから、運動中にアゴに当たるのがうっとうしくなって、しばらく外していました。
#運動の時だけ外せば良いのにね。
だけど、外した直後から、何となく肩こりが復活したように思い、また着けようと思った矢先、X30の新発売情報を耳にして、さっそく購入して、現在に至るって感じですかね。

ちなみに、X30からサイズを45cmに変えました。


残った元祖RAKUWAネック2本が勿体ないので、会社のIDカードを入れるネックストラップとして新しい人生を歩んでます。

RAKUWAネック

写真では分かりにくいですが、2本をつなぎ合わせて使ってます。なかなかの思いつきでしょ?
IDカードはコナスポの会員証です。(^_^;


ネックストラップで思い出しましたが、ファイテンショップの店員さんはオリジナルのネックストラップを使っているんですよ。
店員さんに、そのネックストラップはRAKUWAネックと同じ効果があるのか?と尋ねたら、同じ素材で作られていると言ってました。
で、店員さんは次に言う私の言葉を予測していたようで、「コレは非売品なんですよー」と先に言われてしまった。(^_^;


ネックストラップと一緒に写っている私のX30ですが、市場ではか〜な〜り品薄みたいです。
ファイテンショップでも通販サイトのファイルドショップも完売状態です。
ヤフオクで出品されているのを見かけましたが、やはり定価より少し高く落札されてました。

気長に待つか、ヤフオクで落札するか、元祖タイプスポーツタイプを選ぶしかないでしょうね。
X30を着けている私の意見ですが、元祖タイプとの効果の違いはよく分からんす(笑)。

RAKUWAネックX30:写真をクリック!




==========================================
ココだけの話ですが...

私の行きつけの某所にX30が残ってました。
つい先日の時点では、45〜65cmの各種サイズが合計10本ほどあったような。(カラーはピンクが多かった)

欲しい人がいれば、私が代わりに買ってきましょうか? 定価(+送料)で転売しますよ。
まとめて買うと業者っぽいので、合計で2〜3本くらいならOKです。
サイズの希望は聞きますが、カラーは不問ですね。

私は業者じゃないので、売り切れ御免っつうことで。m(_ _)m
==========================================


RAKUWAネックの話は終わりにして、最近かなり気になっているファイテンの商品があります。

このページにある e-cream ですが、ファイテンショップでX30を買った時に、店員さんの勧めでクリームまで買ってしまったのだけど、運動で疲労した箇所にこのクリームを塗ると、ウソのように疲労が取れるんですよ。
最初は何かの偶然かと思ったけれど、4〜5回試して同じ結果が出たので、もしかしてこれは効いているのかなと...

運動の度にクリームを塗っていると、習慣になってしまいそうだから、積極的には使わないようにしています。

冗談半分でも良いという方は、試しに購入して使ってみてください。結果報告を頂けると嬉しいです。

e-cream:写真をクリック!



私は運動後の疲労回復の目的で使っていますが、腰痛とか肩こり等にも効くのかなぁ?

続きを読む
posted by らんちょん at 12:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他

2005年09月27日

コンビニでスタバ

今日から一部(東京,神奈川,千葉,埼玉)のコンビニでスタバのチルドカップコーヒーが売ってるね。

「ディスカバリーズ」っていうブランドらしい。
プレスリリースはこちらから。
詳しい(?)商品の解説はこちらから。(フラッシュきらーい)

スターバックス・ディスカバリーズ
スターバックス・ディスカバリーズ

試しに、「シアトルラテ」と「ミラノエスプレッソ」の二種類を飲んでみた。
普段、スタバでは「本日のコーヒー」しか飲まない私にとっては、マウント・レーニアのカフェラッテと何が違うんじゃい!ってのが第一印象だった。

どちらかといえば、「ミラノエスプレッソ」のほうが好みだけど、マウント・レーニアの「ノンシュガー」の方が、間違いなく好みだな。

マウント・レーニアのノンシュガー
マウント・レーニアのノンシュガー


つうわけで、ここを読んでくださる皆様も、ぜひ試飲してコメントをくださいな。
posted by らんちょん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年09月10日

恥ずかしながら泣きました

今日は横浜アリーナ浜田省吾のコンサートだった。
前回見に行ったコンサートは、確か2001年10月の同じ横浜アリーナ(だと思う)。
かなり久しぶりである。

しかし、前日くらいまでは「人混みがイヤだなぁ」とか「スタンド席(※)だしなぁ」とか「最近の曲は知らないなぁ」という、ネガティブな気持ちになり、いまいち行く気になれなかった。

※)横浜アリーナの座席には、センター>アリーナ>スタンドというランクがある。(VIP席を除く)

夕方、アリーナの前に着いたら、ものすごい人混みだった。(当たり前だけど)

arena.jpg

入場前に屋外のグッズ販売所を覗く。抑えるつもりだったが、場の雰囲気と勢いでツアーシャツとバンダナとタオルとトートバッグを買ってしまった。(-_-;

ココでも買えまっせ〜。

アリーナに入場。
CD売り場を覗いたら、ON THE ROAD "FILMS" が並んでいたので、30秒ほど悩んで買った。
実は ON THE ROAD "FILMS" って持っているんだよね。だけど、媒体がLDでプレーヤーが数年前から破壊しているから、ここしばらく見ておらず、ついつい買ってしまったのである。(-_-;

ON THE ROAD "FILMS"の広告です!


ロビーでビールを飲み、念のためにトイレに行き、北スタンドに入る。
浜田省吾は米粒大だろうけど、まぁまぁ良いポジションだと、自分に言い聞かせる。

18時近く。開演のアナウンスが流れた。
場内のBGMの音が徐々に大きくなり、それにつられて観客達の拍手やコールが大きくなる。
ネガティブだった私も、すっかりドキドキしてきた。

演奏開始。いきなり軽い曲で始まる。

ネタバレになるので、セットリストは敢えて書かない。つうか、あまり覚えてない。
ちょっとだけネタばらしをすると、「ハロー、横浜シティー!」。 まぁ、お約束ということで(笑)。

休憩。
ビールが効いていたので、慌ててトイレに走る。
時間があったので、一階まで下り、しばらく葛藤の末に、ラグランシャツを買ってしまう。(-_-;

アンコールまでの三時間弱。かなり燃えた。久しぶりに掌が熱い。


思い入れの強い一曲だけ、ネタばらしをしたい。

後半の最後のほうで、私の大好きな曲である「家路」が演奏された。
浜田省吾のコンサートには、それなりの数を行っているが、一番好きな「家路」が演奏された事は無かった。

ピアノの前奏を聞いた途端、全身に鳥肌が立った。
普段のコンサートなら、例え歌詞を知っていても、口パクだけで済ませる私なのに、この曲の時はいつの間にか大声を出して歌っていた。
とある歌詞の所で、たまらずボロボロと涙を流してしまった。恥ずかしいが、出るものは仕方ない。<涙
著作権がらみでココに歌詞を書くのはマズいと思いつつも、その部分をちょこっとだけ。

「どんなに遠くてもたどり着いてみせる 石のような孤独を道連れに 空とこの道出会う場所へ」

北海道を独りでツーリングしている時、よく口ずさんでいたなぁ・・・


私の話はさておき。

コンサート終了。
スクリーンに流れるセットリストを眺めながら、余韻を楽しんでいた。
久しぶりに燃え尽きた。そして、2005年の暑い夏が終わりだと思った。

最後に、、、
浜田省吾やバンドの人達がホワイトバンドを付けていた。
コンサート中、彼らはそれについて何も触れなかったが、私もしばらく前から付けており、少しだけ嬉しい気分になった。

ホワイトバンド?の広告です!
ほっとけない 世界のまずしさ

それはそうと、活動費の使用状況を教えて欲しいぞ>ホワイトバンドプロジェクト
posted by らんちょん at 23:59 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2005年09月09日

ON THE ROAD 2005

今朝、通勤の途中に素敵なモノを見た。

興味のない人にとっては単なるトラックにしか見えない。
片側三車線の道路で、少しの間そのトラックと並走した。
並走したからといって、なにがあるワケでもないが、とにかく嬉しかった。

トラックの側面には、バカでかく "ON THE ROAD 2005" と書いてある。
それは、間違いなく浜田省吾のツアートラックだった。

明日からのコンサートに向けて、たくさんの機材を積んでいるのだろう。
そのコンサートには私も行く。とても楽しみにしている。


トラックを見た話は実話だよん。
この写真が証拠。昼休みに撮ってきた。ちゃんと警備員さんに許可をもらったよ。
OnTheRoad2005.jpg
posted by らんちょん at 12:46 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他

2005年08月19日

夏の終わり

会社から帰って洗濯を始める。
ベランダから見事な月が見えた。
月を肴にビールと言いたいところだが、ストックが無いのを後悔した。
洗濯物を干しながら、いつぞやの夏の終わりを思い出す。

北海道から帰るフェリーをイメージしてみる。
ついさっきまで日没を見る人達でごったがいしていたデッキも、夜となればぐんと寂しくなる。
風呂上がり。ひとりデッキに行き、自然のドライヤーで濡れた髪を乾かしながら、うまいビールを一気に飲み干す。
ベタ凪の海面には月の明かりが反射している。
素敵な女性と出会えないかドキドキしているが、酔っぱらってくると、いつの間にか自分の世界に入っている。
下手な英語でイーグルスのデスペラードを口ずさんでみる。
こうして、夏が終わっていく。

・・・なーんて、いつ頃の自分を思い返しているのだろう。
ここ数年もフェリーを使う機会はあったが、乗船したらほとんどデッキに行かず、ベッドでひたすら眠るか、ラウンジで酒浸りになっているか…
まあ、そんなスタイルでも、それなりに夏を惜しんでいるのだけどね。


今夏の北海道は天気に恵まれなかった。
それはそれで割り切るしかないのだが、第二の故郷と思っている美瑛・富良野で「空」が見られなかったのは残念で仕方がない。
青空であり夕焼け空であり星空であり...

近いうちにリベンジしたいところではあるが、さすがにお金の余裕がない。
「空」は見られなかったけれど、別の意味で大満足な旅だったからゼイタクは言わない。

とりあえず、来年の夏の北海道が良い天気であることを密かに期待しておこう。


写真は、いつもお世話になっている美瑛の宿の遠景。淡い夕焼け。

Anne.jpg
posted by らんちょん at 21:08 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2005年07月20日

眼鏡いや〜ん

ここ一年くらいで、急激に視力が落ちてきたような気がする。
焦点が定まるまで時間が掛かるし、定まらない場合もある。
焦点が定まらないから、自然と眼に力が入る。そのうち目が疲れて、眼精疲労で頭が痛くなってくる。すげぃ悪循環。

コンタクトなんて考えてみたが、眼に異物を入れるなんて考えられないので、とりあえず眼鏡なのだろうか?
しかし、この歳で眼鏡デビューってのもヤダなぁ。
老眼まではデビューするつもりはなかったのに…

こうなったら、飛び出す3D絵本でも見て、視力を回復したろか。(笑)
posted by らんちょん at 12:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。