2005年08月19日

夏の終わり

会社から帰って洗濯を始める。
ベランダから見事な月が見えた。
月を肴にビールと言いたいところだが、ストックが無いのを後悔した。
洗濯物を干しながら、いつぞやの夏の終わりを思い出す。

北海道から帰るフェリーをイメージしてみる。
ついさっきまで日没を見る人達でごったがいしていたデッキも、夜となればぐんと寂しくなる。
風呂上がり。ひとりデッキに行き、自然のドライヤーで濡れた髪を乾かしながら、うまいビールを一気に飲み干す。
ベタ凪の海面には月の明かりが反射している。
素敵な女性と出会えないかドキドキしているが、酔っぱらってくると、いつの間にか自分の世界に入っている。
下手な英語でイーグルスのデスペラードを口ずさんでみる。
こうして、夏が終わっていく。

・・・なーんて、いつ頃の自分を思い返しているのだろう。
ここ数年もフェリーを使う機会はあったが、乗船したらほとんどデッキに行かず、ベッドでひたすら眠るか、ラウンジで酒浸りになっているか…
まあ、そんなスタイルでも、それなりに夏を惜しんでいるのだけどね。


今夏の北海道は天気に恵まれなかった。
それはそれで割り切るしかないのだが、第二の故郷と思っている美瑛・富良野で「空」が見られなかったのは残念で仕方がない。
青空であり夕焼け空であり星空であり...

近いうちにリベンジしたいところではあるが、さすがにお金の余裕がない。
「空」は見られなかったけれど、別の意味で大満足な旅だったからゼイタクは言わない。

とりあえず、来年の夏の北海道が良い天気であることを密かに期待しておこう。


写真は、いつもお世話になっている美瑛の宿の遠景。淡い夕焼け。

Anne.jpg
posted by らんちょん at 21:08 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
残暑御見舞い申し上げます。
らんちょんさんお久しぶりです。
見事な月でしたね。その月を見ながら私は富士山を徹夜で登っておりました。そしてその月も沈み、やがて20日の早朝には見事なご来光を拝むことができました。肉体的な疲労は日頃の賜物?じゃないけどたいしたことなかったのですが、高山病(頭痛、吐き気)にやられました。又いつぞや登ろうと思います。
そうそう、今年の夏はベトナムへ行ってきましたよ。久しぶりにアジアもなかなかいいものでした。
P.S.SO店のHさんは一年ほどの休職期間に入ってしまうそうです。このままBSもフェードアウト?かな。
Posted by SHIN at 2005年08月21日 17:33
ごぶさたしております>SHINさん

私もずいぶん20代の前半に富士登山をしたことがありますよ。
ツーリングのついでに五合目に行ったのですが、場の雰囲気でそのまま登ってしまいました。

その頃、ソウル五輪の開幕間際だったらしく、なぜか頂上に韓国のTV局のクルーが来ていて、インタビューを受けた覚えがあります。
つうわけで、私のTVデビューは韓国のTVでした。写った姿は見てないけど(笑)。

話が脱線しましたが、富士登山は良い思い出です。
元気なうちに、また登りたいですね。
Posted by 本人 at 2005年08月22日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。