2006年03月29日

基本をしっかりマスターすること

SYにて。

今宵のレッスンには、オンラインなエアロ仲間のマコロンさんが来ることになりました。
いつものお気に入りのレッスンが今日は代行ということなので、遠征先を探していたそうです。
事前にメールで相談を受けていましたが、それなりにインパクトのある今回のレッスンも経験豊富なマコロンさんなら余裕と思い、是非にとお誘いしました。
ただし、最終週ということだけはしっかり伝えておきました。

「最終週」について補足です。
多くのエアロビクスのレッスンが一ヶ月単位でレッスンの内容が変わります。
ということは、一ヶ月間は同じレッスンの内容になるわけです。
とはいえ毎週同じ事を繰り返す訳ではなく、週ごとに振りを追加するようにして、月の後半ではそれを通して行うようになります。
そして、最終週は総まとめという位置づけで、ハイペースで何度も通しを行います。

#上記は、あくまでも私の経験上の話ですが、どこのレッスンでも似ていると思います。

そういった理由から、最終週というのは普段よりレベルが高くなります。
エアロの経験が薄い私は、マコロンさんみたいに最終週デビューをするなんて不可能です。
やはり月初めからの積み重ねが必須です。


・オリジナルステップ (50分)

いつものように筋トレを済ませてスタジオに向かうと、久しぶりの顔がありました。
挨拶をして軽くお話をしていたら、スタジオが開きました。
私はいつもの位置で、イントラさんが左前方に見える前から三列目付近です。
マコロンさんは私の右後方。 事前に「イントラさんが良く見える位置に」とアドバイスをしましたが、慣れていないレッスンでは控えめな位置にするそうです。

レッスン開始。
さすがに最終週というだけあって、イントラさんは一気に飛ばします。
新しい振りは二〜三度だけ繰り返し、後はブロック単位での通しです。
精一杯の状態でも、ふとマコロンさんを見ると、新しい振りの度に立ち尽くしますが、直ぐに吸収していました。
2ブロック目で何度か遅れ気味になっているようでしたが、その遅れも徐々に解消されていました。
向きが変わったりクルクル回ったりしますが、基本があっての応用です。
基本さえしっかりマスターしていれば、あとは少しの持久力で乗り切れるレッスンなのかもしれません。
・・・と、余裕の発言ですが、「しっかりマスター」はあくまでもマコロンさんを見て感じたこと。
私はしっかりマスターしていません。 基礎をおろそかにしていきなり中級レベルに君臨しています。
振りはがさつですし、ペース配分はバラバラです。 おかげで疲れます...


・ジョギングエアロ (45分)

ステップの前には「その気があれば」と言っていたマコロンさん。
私の「もう一本いっとく?」の問いに、即答で参加を決意しました。

偉そうなことを言える私ではないですが、ステップに比べれば簡単だと思います。
ただし、ジョギングということもあり、インパクトはこちらのほうが上でしょうか。

いつものように賑わったスタジオでレッスン開始。
これこそまさに前述した「しっかりマスター」のレッスンです。
クセのある振りはほとんどなく、アクロバティックなレッスンばかり参加している私は、むしろトラッドなコリオに新鮮さを感じています。
「しっかりマスター」と、さきほどのステップ以上の持久力があれば、このレッスンは乗り切れるでしょう。

こちらも最終週ということでガンガン飛ばします。
前回までなら時間ぎりぎりまで振りのおさらいをしていましたが、今日はとにかく怒濤の通しでした。
後半、不覚にも息が上がりそうになり、ぐっとペースを落としたら、ボックスステップで足がもつれるようになり、続きの振りまで悪影響が出るようになりました。
おなじみ嵐のニーアップからダブルツイストへつながり、そのままクールダウンになだれ込みました。
マコロンさん、嵐のニーアップでオーバーロードしていたように見えましたが、きっと私の目の錯覚でしょう。


といった感じのレッスンでした。
その後、ジムエリアの外でしばらくフォローアップ(単なる井戸端会議ともいう)を催し、夜も遅くなってきたのでアフターもなくお別れしました。


お疲れ様でした。気が向いたらまたお越しください。>マコロンさん
興味があったら参加してみてください。>不特定多数の方々
posted by らんちょん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。