2006年02月19日

靴のひもを締めるということ

のんびりと目が覚める。
いつもならここからがズルズルと長ったらしく、二度寝することもしょっちゅうだが、今日はガバッと起きた。
数年ぶりのイベントに行くと決めたから。
行くのはかなり面倒だけど、行かないと後が面倒なので、かなり渋々と。

ベルトコンベアに乗っているかのように1番窓口,2番窓口・・・と進み、一番やっかいな時間を過ごす部屋に入る。
隣席の女性は子供を連れてきて放っておくし、いびきをかいているオッサン,着メロを鳴らしっぱなしのネーチャン,携帯で話し始めてしまうオバサン,とどめはやる気のない○×(←自粛)。 放っておけば良いとは思いつつも、わたしゃ頭が痛いだよ。

映画はしっかりと見てしまった。
いちおう名の知れた俳優を使っていたり、なんか普通のドラマ仕立てだし、以前の血を見せるような毒々しい映像とは全然違うなぁと。

つうわけで、面倒なイベントは滞りなく終了して、いつものカードをもらう。
大きく変わったのは、かなりシェイプされた私の顔と、ある箇所の色が金から青になったくらいかな(笑)。
次のイベントは三年後。今からめんどくせえぜ!


その後はヒマだった。さてどうしよう。

ジムでメインに使っているシューズが破壊寸前だったので、次期メインとなるシューズを手に入れていた。
nike zoom air grand ave
アウトレットやネットショップやオークション等々… 八方手を尽くしたけど、どうしても安価で手に入れることが出来ず、泣く泣く定価買い(泣)。
つうわけで、シューズを試すためにジムに向かう。 さてさて、相性はどんなものだろうか。

#ほんと、ヒマだったのね(笑)。


SYにて。

・ボディステップ(マスタークラス)

私だってボディステップくらいは参加するよーん。確かに疎遠ぎみだけどさ。
そういえば、病み上がり後から出ているスタジオはたまたまステップ系。
好きなのも真実だけど、そろそろ本格的にエアロビクスを再開したいぞと。

ひとつ前のレッスン中なのに、スタジオ前にはかなりの行列が出来ていた。 さすがは週末のBTSだね。
筋トレを見送って行列に並ぶ。

しばらく経って女性のイントラさんが登場。
・・・あれ、どこかで見たような?
しばらく出かけていないN店のイントラさんのような気がする。
なんでSYに居るんだろう。 まぁ良いけど。

スタジオが開く。
あっという間にステップ台でいっぱいになった。
シューズのひもをしっかりと締める。 立ち上がってステップ台の上を軽くジャンプしたりカーフレイズしてみたり。 足にフィットしていい調子。
新しいシューズで一番わくわくする瞬間である。

レッスンが始まった。
イントラさん、開口一番に「代行の代行の代行の代行でN店から来ましたっ!」だって。なるほど笑えた。
大きな声を張り上げて、ゲストを元気に引っ張ってくれる。
振りを間違えても「まちがえちゃったー」と軽く流し、素早くリカバリする。
ゲストも盛り上がっているようで、レッスンも後半になると、周りの鏡が熱気で曇ってきた。

そうそう。
レッスンを受けながら思い出したのだが、確かN店でこのイントラさんがボディアタックのレッスンをデビューする日に立ち会った記憶がある。
その時は、緊張のせいなのかレッスン途中からほとんど声が出なくなって、先輩のイントラさんがフォローしていたっけ。
今は違うね。 とても立派でございます。

レッスンは充分に楽しめた。 がっつりと汗もかけた。
シューズの具合も良さそう。
ナイキ独特(※)の足の痛みもないし、新品なのにしっかりとグリップしてくれた。
消耗品だから壊れるのは仕方ないけれど、長くつきあいたい。

※)欧米人の足用に横幅が狭く作られているみたい。


今日は(も)一本で終了。
サザエさんが見たいワケじゃないけれど、早めに帰宅する。


去年の秋頃、こんな靴を個人輸入した。

Irish Setter

編み上げなんて面倒だと思ってたけれど、慣れると気にならなくなるね。
ボタンフライのジーンズみたいなものだろうか。

今までずっとローな靴ばかりをはいてきた。
ひもがあっても適当なゆとりを持たせて締めたままにして、普段の手間を省いていた。

たかだか靴をはくことだけど、今までと違うことを始める儀式みたいなモノだよね。 朝の出勤とかトレーニングの開始とかさ。
そういう時、意味もなくドタバタ焦ってしまい、そんな儀式でさえも端折っていた。
だから、「今までと違うことを始める」というよりも、ずっと「今までの延長」みたいな感じになっていた。


靴ひもを締めながら軽く深呼吸。
気持ちを切り替える。
ささやかな行動だけど、今の自分には必要だと思う。
posted by らんちょん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。