2006年02月15日

リハビリステップと眼精疲労

サボってました。ブログの更新じゃなくてジム通い。
なんと二週間も。会費を日割りにしたらバカにならないので、考えないことにする。

風邪とインフルエンザのダブルパンチ(←死語?)で絶対ムリって期間もあったけど、ダブルパンチと共に仕事が忙しかったりとか私的に凹んだりというのもあって、行く気が失せていたのも正直なところ。
仕事のビジーも凹みも継続中ではあるけれど、このままだと「こころのかぜ」が悪化しそうな最悪の予感がしたので、とりあえず重い腰を上げてみようと思った。

目の前の仕事をザックリとこなし、「今夜こそイケる!」と思った矢先、左の首筋から目の奥にかけてズンズンとした痛みっつうか重みに急襲された。
いわゆる眼精疲労ってヤツかい?
ジムに通うようになって頻度はかなり減ったけど、ごくたまーに起きるんだよね。
コレがくると生活がつらいのなんのって。

お風呂で首を温めながらマッサージすると、高い確率で治ってくれる。
とはいえ、痛くなったからって仕事中に風呂へ入るワケにもいかないし。
つうわけで、首筋にインドメタシンを含んだ液を塗布したり100円カイロを貼ったりしている。
それでもダメなときは、ニンニクエキス入りの肩こりドリンクや頭痛薬(バファリンプラスの相性が良い)が奥の手になるのだけど、薬を常用したくないので、なるべく控えめにしている。
眼精疲労に効くというキューピーコーワiなんてのも試してみたことはあるけど、私にはガツンとこないね。

眼精疲労をなるべく早めに治す方法をご存じないですか?>各位


SYにて。

たかだか二週間のブランクだけど、チェックインする行動だけでも鼻息が荒くなってしまう。
鼻息が荒い勢いで、フロントに靴のロッカーキーを渡すのを忘れた。アホ。

運動着に着替えてジム・エリアへ向かう。
スタジオ前の掲示板に代行のお知らせがかなりたくさん貼ってあった。
退職等々で人の動きが激しいようだが、ゲストの私は知ったこっちゃない。
・・・と思っていたが、私のホームに所属しているはずの女性コーチの名前が代行枠にいくつかあった。
彼女はBTSのライセンスをほとんど持っているエース的な存在。
SYに異動となったのだろうか?

さて、久しぶりにベンチプレスでもしよう。
既にスミスマシンは使われていた。クランチ等々の筋トレで時間を潰してみたが、なかなか空きにならなかった。
ところが、トイレに行っている一瞬の間に利用者が変わっていた。
SYのスミスマシンは空いているので、いつでも使えるイメージだったのだが、なんでこんなに混んでいるのだろう。
たった二週間の間にベンチプレスが流行り始めたのだろうか。そんなワケはないと思う。
仕方ないけど今宵のベンチプレス・リハビリは中止。うーん、その気はあったのにぃ。


オリジナルステップ 45分

ドキドキっすー。初めてスタジオのレッスンに出る気分。
低め(一段)にしたステップ台を目の前に置き、シューズや靴下の履き心地を確認しながら、ついつい周りをキョロキョロしてしまう。
楽しみ半分、怖さ半分。

ダブルパンチの影響で吸排気系・・・もとい、呼吸器系が弱っていたので、レッスン中に息切れをするのを気にしていたがそれは免れた。
しかし、身体がヤケに重くて、動きについていくのが大変だった。
休養中に体重が増えたようにも思えないから、単純に体力が落ちただけだと思う。
そして感覚も落ちた。体力も感覚もこのまま運動を続けていれば回復するとは思うが、感覚の回復は時間が掛かりそうな気がする。
「慣れ」だもんね。こればかりは休まずに続けていないとダメだわぁ。

ハンパなく汗が出た。
これだけ汗が出れば、普通は気持ち良いはずだが、今日はちょっと違う。
『大汗をかきながら風邪と闘った一夜。朝になって風邪っぽさは無くなったけれど、立っていられないほどの激しい脱力感』
たとえばこんな感じだろうか。
スタジオを後にするとき、身体がフラついた。ちょっとやばい。
この後はジョギングエアロを行う予定だったが、とりあえず一本だけにしておいた。


お風呂に入る。
眼精疲労が残っていたので、ゆっくりと湯船に浸かり患部を温めた。
天井を眺めながら首を左右に振ってみると、勢いよくボキボキッと鳴った。
身体に良くなさそうだけど、ちょっと気持ち良い。
posted by らんちょん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。