2006年03月01日

月が変わって

ようやく三月。
一月はあっという間だったけど、二月は長かった。 そしてキツかった…


まさに一週おきにイベントがやってきた。

二月に入った途端、ひどい風邪を引いた。
いつもなら一昼夜も寝ればかなり復活するのに、今回は三日間も起き上がれなかった。
咳のしすぎで、血の味がする唾が出た時は、ヤバいと思った。

次の週。風邪もようやく治った直後、いきなりインフルエンザに罹った。
二日間ほど高熱にうなされ、ずっと酩酊状態だった。
不可抗力と理解しつつも、会社の休み過ぎが気になっていた。

更に次の週。原因不明の頭痛に数日間も悩まされた。
遅れた仕事を取り戻そうとするが、痛さに負けてまったく集中できない。
イライラするが、それがさらに頭痛を招く。

更に更に次の週。ようやく頭の痛みも引いたが、今度は酷い下痢が始まった。
仕事場とトイレの往復。夜中に何度も目が覚めてトイレ通い。
食事もロクに摂れず、体力不足と睡眠不足が続いた。

最終週。親父の入院。
私が物心ついてから父の寝込んだ姿を見たことはまったく無かった。
そんな父が入院や手術をするなんて悪い夢でも見ているのかと思った。
だから、術後の痛々しい姿を見た時は呆然とした。 「無事に終わったよ」というひとことを言うのが精一杯だった。
自分の事なら少し凹んでもなんとか復活できるようになったが、この一件はかなりヘヴィだった。


たったいま、母から電話があった。
父が七分粥を平らげたと、自力でトイレに行っていると、いまはテレビを観ていると・・・
弾んだ声で一方的に話している。


急速に日常が戻りつつあるようだ。
積み重なった出来事で、しばらく前の泥沼な自分が戻ってくることを危惧したが、今は日常の流れに取り残されないようにしないと。

これから先、来るべき物は来るけれど、たまにはこういう時期もあるさ。だって、生きているんだもの。


SYにて。

・オリジナルステップ (50分)

今日から新しい振りが始まった。
レッスン中は無心だが、終わるととても充実している。

エアロは気分転換にとても有効である。
健康維持がどーのこーので運動を続けているワケではない。
単に楽しいからである。楽しまなきゃ続けられないよ。

…と、書いていて思ったが、楽しさを追求するのもメンタル的な健康維持につながるよね。


この後のエアロにも出ようと思ったが、慌ただしくなりそうな週末のために、早めにあがろう。
心地よい疲労感が、久しぶりの睡眠欲を蘇らせてくれそうだ。


続きを読む
posted by らんちょん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。